スポーツのココロ

日本のスポーツ興行を頼まれても
いないのに勝手に検証。
全て独自の情報収集と
実際の観戦に基づく内容です。

サイト内の画像、文章の著作権をはじめと
する全ての権利は有限会社スズキデザイン
ワークス、およびスズキツヨシにあります。
反論歓迎!ナベツネは悪くない!悪いのは・・・
横浜スタジアム
横浜スタジアム

前提として申し上げると、僕はアンチ巨人だ。
小さい頃は巨人ファンで、毎日巨人の野球帽を被って公園で野球をやっていた。ドラフトの江川問題が起こったのが小学校5年生のとき。その頃から巨人の汚いやり方に嫌気がさし、小学生だというのにどこのファンにもなれず、野球は好きだが巨人が嫌いというひねくれた子どもになってしまったまま現在に至っている。

読売巨人軍会長の渡邉恒雄氏がまた毒を吐いた。民主党の事業仕分け人、蓮舫に対し「バカな女だ」と発言したのだ。あながち間違っていないしここの部分はポリティカルな話題なので、言いたいことは山ほどあるが触れる気はない。

しかしこの発言記事を会社の近所の蕎麦屋に置いてあったスポーツ新聞で読み、2004年のプロ野球再編問題を思い出した。

あのとき、オーナー側はマスコミの偏向報道により明らかにヒールだった。それでも僕はオーナー側を応援していた。アンチ巨人だが、マイノリティでひねくれ者だが、ナベツネ頑張れと応援した。

ナベツネは「オレの知らない人間を入れるわけにはいかないだろう」と当時のライブドア社長、ホリエモン(堀江貴文氏)を一蹴し、結果としてプロ野球を救った。
プロ野球選手会会長の古田敦也はオーナー側と話し合いの場を設けようとしたが、ナベツネはここでも「分をわきまえろ、たかが選手が」と言って一蹴。この発言に世論は一気に選手会側がヒーロー、悪はオーナー側という構図を作り出す。でもこの時も僕は「全くナベツネの言うことは正しい」と思っていた。今でもそう思う。

あの時ライブドアが参入していたら、結局は後々パ・リーグは一球団なくなっていたわけだ。さらに「たかが選手」発言はまさにその通りで、興業のことを何もわかっていない、ギャラばかり要求するような選手と話し合いを持つ必要なんてないだろうと思ったものだ。古田というのはあの頃は「ファンのことを第一に」なんていうきれいごとばかり言っていたが、ファンを無視していたのは古田の方だと思う。

かつてオールスター戦が3試合行われていた時代を知る方はご存知だと思うが、あのオールスター戦の試合数を減らしたのは古田だ。
選手会の要望で機構側が折れる形で試合数が減った。選手会側の言い分は「選手に負担がかかるから」。
こんなことを言う選手の「ファンのために」なんていう発言はちゃんちゃら可笑しい。

また選手としてピークの過ぎた古田があの年「自分の年俸を下げてもいい」とも発言したが、これもきれいごとと言うか、複数年契約のセーフティの中にいる選手ならではの発言で僕はドン引きだった。

かつて前楽天監督の野村克也氏が「古田は一生懸命頑張っているがその取り巻きが良くない」と発言したことがある。これは暗にプロ野球選手会事務局長の松原徹氏のことを指している。この人物に関しては、週刊誌を始めとした数々のメディアが女性問題などのネタを掲載しているのだが、選手会のトップは野球選手ではなくともせめて球団の仕事に携わった人間ではないと・・・と思う。とにかく「ファン重視」とは名ばかりで、法外な要求ばかり突きつけてくるのが松原と古田率いる選手会だ。

結果としてストライキを免れることができず、9月の終盤戦を2試合も休むという最悪の事態が起きた。プロ野球中継は以来、ゴールデンタイムの放送が激減し、延長中継もなくなってしまった。

僕はメディアが古田擁護だった理由は、その人気を利用して解説者としての起用をどの局も画策していたからに他ならないと思っている。そういう偏った報道が、ナベツネは悪という構図を作ったのだ。

巨人有利の制度(FAや逆指名ドラフト)をどんどんと作り上げてきたのもナベツネだ。ナベツネははっきり言えばメチャクチャなことをしてきた。しかしアンチ巨人だが、それも許す。

日本のプロ野球を守ってきたのはナベツネだ。あの2004年にナベツネがいなかったら、日本のプロ野球を仕切れた人間はいなかった。
ナベツネは日本のプロ野球を守ってきた人物であると同時に、単なる巨人ファンだ。それがちょっとだけ度を過ぎると、巨人有利の制度を作ってしまうというだけの話なのだ。
| スズキ ツヨシ | 野球 | 22:52 | comments(7) | - |
プロ野球パ・リーグ開幕前夜!
福岡YAHOO!ドームとJALリゾートシーホークホテル福岡
福岡YAHOO!ドームとJALリゾートシーホークホテル福岡

スタジアムツアーではグラウンドにでれちゃう
スタジアムツアーではグラウンドに出れちゃう

7回にジェット風船
7回にジェット風船

去年の夏、思い立って突然福岡に行った。ヤフードームで一度野球を観たいと思ったからです。本来横浜ベイスターズファンである僕は、去年も一昨年もその前も・・・思い返せば98年の優勝以来、ずっと悲しい思いをし続けてきた。

横浜スタジアムがある街で働いているのに、年に数回しか野球を観に行かない。それは負け試合を観るのがいやだからだ。

そんなわけで、去年一年間限定のつもりで、福岡ソフトバンクホークスのファンになってみた。きっかけは横浜との交流戦で、ホークスがホームランを打ちまくって勝ったのを観たことなんですけどね。「あー、こういうチームのファンの人たちは羨ましい・・・」と思ったんですね。

そのあと千葉マリンでやはりホークス戦を観て、こりゃ福岡にも行って観てみたいな、と思ったわけです。
お金は無かったですがたまたまマイルが貯まっていたのもあり、8月に福岡へ・・・。

ドームツアーにも参加し、二軍戦も観戦。二軍戦の前に行われたサイン会にも参加、西武との三連戦を全部観戦とすごい気合いの入れ方で行ってみましたが、とにかくイベントやプレゼント、サインなどファンサービスの良さは感動ものでした。

実はmixiや2ちゃんねるなどでファンサービスについてとか、飲食はどこがいいのかなどを調べてると、地元のホークスファンはホークスのファンサービスについて批判的なんですね。特にmixiがそんな傾向。
一度ベイスターズファンをやってみてほしい。ファンサービスなんて無いようなもんですよ、ホントに。試合前にサインなんてほとんどしませんよ。たまーに外国人選手が自発的にやってるくらいで。
サインしたくない選手に限って、「いいプレーを見せるのがファンサービス」なんて言うんだな。じゃあ勝てよと。

でもね、ホークスは本当にすごい。試合前の30分くらいはサイン会状態です。小久保選手に至ってはポケットに自分のマジックを入れていて、もうサインする気満々なんですよね。3連戦で3試合とも小久保選手はサインしてましたね。

残念ながら僕は小久保選手からはもらえなかったけど、オーティズのサインはゲットしました。応援ユニが#49オーティズだからそれを見せつつ、遠くにいたのを無理矢理呼び寄せてサインしてもらいました。

だけどもっとすごかったのが相手チームのWBC戦士、西武の中島と片岡。なんていうか・・・スター選手のオーラがありながら、それでいてアウェイの球場でサインしまくり・・・ファンがホークスのユニホーム着ていようがお構い無し。しかも1塁側でサイン会開始。こりゃパリーグの人気も高まるよな、と思いました。

実をいうと僕はちょっと奮発してコカコーラシートという、ネットの無いグラウンドレベルの席、東京ドームでいうエキサイトシートにいたので選手が身近にいて、サインをもらえたというのもあるんですが、2ちゃんねるのサインをくれる選手のスレ(スレの名称は定かではないです)によれば、中島というのは「神レベル」なのだそうです。ホークスの馬原も神なのだそうですがリリーフ陣はサインは基本的にもらいにくいですね・・・なんか忙しそうだし。

かつての南海ホークスが身売りし、ダイエー傘下になったあとの十数年でキーマンとなった人物が二人いる。一人が元ダイエー社員で現千葉ロッテ球団代表の瀬戸山隆三氏。もう一人がリクルート出身の高塚猛氏という人物。瀬戸山氏はライブドア参入問題で有名になった人物。高塚氏は女性社員へのわいせつ事件(有罪)や横領ともいえるような自著を球団の経費で買っていたと言うせこい事件で有名になった人物。どちらも好印象ではないのだが、ダイエー時代のこの二人は反目し合いながらもそれぞれが成果を収めていた。瀬戸山は徹底的にファンサービスに力を入れ、現在の基盤を作ったと言えるし、高塚は今でこそ当たり前になった、居酒屋などでよく見る「今日●●が勝ったらビール半額」などの地域の商店にファンサービスを協力させてWIN-WINの関係を作るというプロモーション手法を最初に始めた人物です。

特に瀬戸山氏は去年もボビーバレンタインとの契約更新をしないことをシーズン早々からマスコミに口外し、ファンとの対立を生んだ人物。ライブドアの時もそうだったが、とにかくひとこと余計。
もっとも去年のロッテファンのあの横断幕もレベルが低いと言うか、本当に空気読めないな、この人たちって感じでしたけどね。フロントを擁護した西岡選手の批判を次の日にまた横断幕にしてきちゃうあの粘着系にはほとほと呆れたし、他のファンが可哀想でしたね。

でも瀬戸山氏がダイエー、そしてロッテという球団を客の入る球団にしたのは事実。ロッテが川崎球場で野球をやっていた時代を知る僕にとっては、去年久々に観たロッテという球団はあのころとは全く違う球団でした。

なぜ、彼がバレンタインと対立関係にあったのかは全くわからない。恐らくマスコミが報じているような単純な感情的問題ではないように思います。それは、瀬戸山氏ならファンに支持率の高いバレンタインを利用して、あとひと儲けもふた儲けも企みそうだから。ダイエー時代もそうだったが、あえて汚れ役を買って出るのも瀬戸山氏のキャラクターなのだそうです。

さて、話はそれましたが明日3月20日からパリーグが開幕。菊池雄星は2軍スタート。
でも大丈夫だと思います。パリーグには何人も神がいるから。
今年も気持ちがパリーグかもな、何となく・・・。
みなさんの今年の注目選手は誰ですか?

中島はエラい!WBC戦士なのに本当にエラい!
中島はエラい!WBC戦士なのに本当にエラい!

球場全体が黄色に染まる
球場全体が黄色に染まる

摂津は安定感抜群だった
摂津は安定感抜群だった

試合は西武との三連戦の3試合観て1勝1敗1分
試合は西武との三連戦の3試合観て1勝1敗1分
| スズキ ツヨシ | 野球 | 23:28 | comments(3) | - |
totoインターネット購入でまたシステムダウン
今日はJリーグ第2節。
先週totoで3等的中したので、調子に乗って今週も締め切りギリギリで買うことに決めたのだが・・・

システムダウン。しかもこの段階でコンビニ購入は締め切られていた。

僕の予想は今日の段階でまだ1試合ハズレのみ・・・明日の試合で全試合的中しちゃったらショックだろうなー
カードからしてその可能性はものすごく高いんですけど。

電話オペレータによればシステムダウンの理由は、VISAカード決済ができなくなり、アクセスが集中したとのこと。
カードを変えて購入しようとしても携帯もPCも購入画面まで行けませんでした。
そもそも僕のカードはVISAばかりなのでどうせ買えなかったのでしょうけど。

それにしてもこういう場合のオペレータの対応は本当に腹が立つことが多い。「どうやって買えば良いんでしょう?」の質問に「申し訳ありません」と返す。的を得ない。

まあオペレータも外部の人でしょうからね、可哀想と言えば可哀想なんですが。

愚痴をこぼしていても仕方ない。
まあ今週買えなかった分来週多めに買うことにします。
| スズキ ツヨシ | サッカー | 19:54 | comments(4) | - |
ノーマー・ガルシアパーラが引退!
ドジャース時代のガルシアパーラ
ドジャース時代のガルシアパーラ

ガルシアパーラ引退です。
僕はメジャーリーガーの中で本当に好きな選手の一人だったので大変ショックを受けました。
最後にユニフォームを脱ぐのはレッドソックスと本人が決めていたようで、レッドソックスとマイナー契約した直後に引退発表しました。

晩年は怪我が多く、一年間フルに活躍することはできませんでしたが僕がドジャースの試合を観にいくと、かなりの確率でホームランを打ってくれる選手でした。

昨年若手選手への切り替えを模索するアスレチックスに移籍した時に「なんで?」と思いましたが。
ガルシアパーラはレッドソックスのイメージが強いですが、彼自身がLAとアナハイムの中間のウィッテアという街の出身なので、LAでの彼はファンからとても愛されていました。また両親がメキシカンであることもLAで人気があった理由の一つだと思います。

首位打者を二年連続で獲得しており、生涯打率も3割を超えるのですが、彼は本当に記録より記憶に残るプレーヤー。ここ一番での勝負強さが違いますね。

2006年斉藤隆がルーキーイヤーのとき、彼は2度最終回にホームランを放っており、その時に勝ち投手になっているのが2回とも斉藤隆だったと思います。1本目は満塁ホームラン、2本目に至ってはその年のシーズン終盤に地区優勝争いをしていたパドレス戦の9回にドジャースが4者連続ホームランで追いつき延長10回オモテに斉藤隆が打たれて1点ビハインドになったものの、怪我をおして出場したガルシアパーラが逆転サヨナラホームランで勝利するというドジャースファンの語り草になっている試合でのものです。

僕もこの年の夏はLAでドジャース戦だけでも10試合は観ました。帰国してからはずっとドジャースの試合は日本で観ていたんですが、感動して泣きそうになった試合ですね。

レッドソックスからドジャースに移籍(ガルシアパーラはカブスに2年間在籍を経てドジャースに入団)したもう一人のスーパースター、マニー・ラミレスはレッドソックスを離れた時にこういいました。
「レッドソックスと言うチームはガルシアパーラのような生え抜きのスーパースターを全く大事にしない。だからオレはこのチームを出たいんだ」

これは球団批判でもあるけれど、ガルシアパーラへの最高の賛辞であったと思っています。その39歳のラミレスよりも一足早く、ガルシアパーラは36歳でユニフォームを脱ぐ決断をしました。

応援ユニはガルシアパーラと野茂のTシャツ。でも二人とも球界を去ってしまった
応援ユニはガルシアパーラと野茂のTシャツ。でも二人とも球界を去ってしまった
| スズキ ツヨシ | 野球 | 23:12 | comments(14) | - |
バンクーバーオリンピックとJAGDAカレンダーサローネ(4)
バンクーバー市内を走るトロリーバス
バンクーバー市内を走るトロリーバスのパンタグラフはよく取れてしまう・・・そして運転手が自力で直す
シーモアマウンテンのスキー場
スノーボード会場だったサイプレスマウンテンの隣のシーモアマウンテン。4年前は雪不足が嘘かのような状況だった

カナダという国に何度か行った中で今から6年前の2004年に、トロントとバンクーバー、モントリオールの3地域を二回に渡って行ったことは、僕の今のグラフィックデザイナーとしての仕事に大きな影響をもたらした。
デザインそのものよりも、そこで出会った人(建築家や留学生、デザイナーなど)の物の考え方やスタンスがとても大きかったように思います。

もちろんデザインもNYとは違った斬新さが感じられたし、日本は完全に負けているな・・・と思ったものでした。

あれから6年の間、仕事でもプライベートでも劇的な変化があったりして、振り返れば本当に数えきれないくらいの喜怒哀楽がありましたが、今の自分があるのは・・・つまり自分のスタイルを確立できたのはカナダで学んだことの影響が本当に大きいですね。

折しも期間中はバンクーバーオリンピックのまっただ中、自分のデザインのスタイルに一つの結論を付けるため、僕は今回「CALENDAR SALONE 2011」という企画展(東京ミッドタウン5階・デザインハブにて2010年2月18日〜23日開催)に参加しました。
カレンダーの展示会ですが僕の方向性を表現できたのではないかと思います。

作品は2作品展示しましたがどちらかと言えば遊び感覚の作品が新聞に掲載されました。
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fl20100221x1.html

上記リンク切れの場合はこちらをご覧下さい(jpeg画像形式490.5KB)。

後日JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)のWEBでもアップされますのでご覧下さい。

バンクーバーオリンピックがあっという間に終わり、僕のデザインのスタイルも一応の完結。そして今年また公私ともに新たなチャレンジをしようと思っています。

不況で業績も悪いですがもうがむしゃらにやるだけですね。
| スズキ ツヨシ | アイスホッケー | 13:22 | comments(5) | - |
バンクーバーオリンピックとJAGDAカレンダーサローネ(3)
カナックスvsブルージャケッツ
試合の合間に飛行船が飛んでくるのだが・・・

今回のバンクーバーオリンピックで、カナダはもちろん、全米でも最高視聴率だったのはアイスホッケーの決勝。
日本のメディアはシドニー・クロスビーの映像ばかりですが、陰の立役者は前回紹介したカナックスのゴールテンダー、ロバート・ルオンゴと、もう一人がRウイングのリック・ナッシュでしょう。

特にナッシュはもっと評価されていい。彼はトリノ、バンクーバーと2大会連続でオリンピック代表に選ばれているコロンバスブルージャケッツ所属のスター選手。僕はなぜかホッケーの試合を観にいくと相手チームがコロンバスであることが多く、何度かナッシュを見ていますが、この選手のパックを持った時のスピードは早い。素人の僕でもわかるくらい他の選手との差が歴然なんですね。

コロンバスは弱小チームですがナッシュとは長期契約を結んでいます。ただ、キャラクターは何だか地味なんですけど。
クロスビーはNBA選手に例えるとレブロン・ジェームス。
ナッシュは・・・地味なコービーなのかな、多分。ポジション的にもそんな感じ。

写真上の試合もカナックス対ブルージャケッツの試合。この試合はトリノオリンピックの2日前に行われた試合で、各国代表選手が顔を揃えた試合。カナダ代表だけでもカナックスのバルトゥージ、ジャケッツのナッシュ、アダム・フートが出場していました。
チケットは当然超満員札止め。ちなみにこの日のMVPはバルトゥージでした。

試合の合間に飛行船のシャチ(カナックスのキャラクター)が飛んでくるんですが、この飛行船の下には次の試合のチケットがくっついていて、パラパラと落ちてくるんですね。後ろの方の席なので取れるわけないんですけど。

点が入った時の盛り上がり、ディフェンスの時の緊張感・・・
とにかく本場カナダで観るホッケーは本当に楽しいです。

また長くなりましたので次の回はいよいよ本題に・・・
| スズキ ツヨシ | アイスホッケー | 13:17 | comments(5) | - |
バンクーバーオリンピックとJAGDAカレンダーサローネ(2)
高級スーパーのURBAN FAREはGMプレイスから徒歩圏
高級スーパーのURBAN FAREはGMプレイスから徒歩圏

今回のバンクーバーオリンピックでは予選ラウンドでアメリカがカナダを破るという大波乱。50年ぶりの歴史的敗北だそうです。
ちなみに会場はGMプレイスだったのですがGMはオフィシャルスポンサーではないため、大会期間中はカナダホッケープレイスに名称変更。
さらにいえば代表チームは地元カナックスからはゴーリーのルオンゴのみの選出。しかも2ndメンバー。もっともセディン兄弟はスウェーデン代表だったりするので地元の注目はカナダ代表だけではなかったのですけれどね。

しかしながら結局はルオンゴは結局はレギュラー扱いで決勝の舞台にも立ち、オーバータイムでのシドニー・クロスビーの劇的なゴールでアメリカに雪辱を晴らすという結果をもたらしたわけです。

僕が4年前にバンクーバーにいた時は、このクロスビーがカナダ代表に選出されず、暴力事件で出場停止明けのトッド・バルトゥージが選ばれたことが大変物議を醸しました。結果的にはカナダは7位に低迷。今回のオリンピックで最終聖火ランナーをつとめた国民的英雄、ウェイン・グレツキーが批判にさらされました。
ちなみに最終聖火ランナーは他にNBAサンズのスティーブ・ナッシュがいましたね。彼は南アフリカ生まれのカナダ育ちで国籍はカナダ。バスケットボールのカナダ代表ですが冬季オリンピックには最終聖火ランナー4人のうち、唯一関連性が感じられないメンバー。バンクーバーとの関係で言えば、来年からメジャーリーグサッカーに参戦するバンクーバーホワイトキャップスというチームのオーナーの一人であるということくらいかな。彼自身もサッカーはかなりのレベルなのだけれど、ナッシュの弟がこのチームの一員でもあります。

バンクーバー市民の「ホッケー愛」は凄まじいですね。
試合当日になると、車には「GO!CANUCKS GO!」のフラッグをみんながつけていて、スポーツバーでも大盛り上がり。スポーツのチームがこれほど経済効果をもたらすんだなと実感させられます。

チケットは当日券はほぼ期待できないので、チケットマスターなどで予め席を確保することをお勧めします。はっきり言えば、レイカーズのチケットを取るよりも困難。これはカナダに限った話で、例えばLAでキングスのチケットを取るのは楽勝なんですね。それほどまでにホッケーに対するアメリカとカナダの温度差はすごい。

というわけで話はまたもや次回に続きます
チケットはSOLD OUT
カナックスのチケットはほぼSOLD OUT


| スズキ ツヨシ | アイスホッケー | 14:33 | comments(10) | - |
バンクーバーオリンピックとJAGDAカレンダーサローネ(1)
BCプレイスとGMプレイス
【開会式会場のBCプレイスとアイスホッケー会場のGMプレイス】

2年ぶりのブログ更新・・・その間たくさんの方々がこのサイトを訪れてくださいました。

今年は最低でも月に1回は更新しようかな・・・と思っております。


さて、バンクーバーオリンピックが終了。日本人の成績はイマイチかもしれませんが。しかしそれはあくまでもマスコミの作った幻想による過大評価との比較であって、メダルは逃したものの入賞した何人かの選手はインタビューでうれしさを滲ませていたのが印象的でした。選手はやはり自分の実力をよくわかっていたし、僕はメダルなんかよりも懸命なアスリートの頑張りが胸に響きました。

4年前、トリノオリンピックが行われていたとき、僕はちょうどバンクーバーにいました。「4年後はここでオリンピックが開催されるんだな」なんて感傷に浸っていたわけです。

バンクーバーという街は「世界で一番住みやすい都市」と言われていますが、これはリサーチ会社やコンサル企業の独自の統計によるもの。住みやすいからといって、物価が安いわけでもなく(むしろ高い)、また住宅事情も就職事情も厳しい。日本ととても良く似ているのが2000年以降、中産階級向けの空前のマンション建設ラッシュとなったこと。そして2004年ごろに日本で耐震偽装の問題が発覚したのと時を同じくして、バンクーバーのマンションも手抜き工事や強度計算の不備による問題が勃発したのです。
会社を潰して裁判を逃げ切ったという売り主もいたそうです。

一方で交通事情はとてもよく、車がなくても大抵のところにはバス、トロリー、電車で移動が可能。サマータイムの時は20時になっても明るいというのも安心感はあります。
市内と郊外を結ぶスカイトレインには改札がなく駅は無人。乗客のモラルに任せています。このあたりもバンクーバー市民の精神文化の高さを示しているのではないかなと思います。時々検札に来て、不法乗車を取り締まるのですが一番捕まるのが日本人留学生だという話を聞き、本当にレベルが低いというべきか、同じ日本人として恥ずかしい思いをしました。ちなみにLAの地下鉄も改札はありませんし無人(どこかにいるのかもしれないけど基本的に人の気配はない)ですが、あちらはむしろ有人にしてくれないと襲われそうになります。
スカイトレイン
【スカイトレイン】

というわけで前説が長くなってしまったので次回に続きます・・・
| スズキ ツヨシ | アイスホッケー | 14:29 | comments(5) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2010 >>
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡

ちょっと期待はずれ。リアルタイムで見ていない人にとっては結構いいのではないかと思いますが。
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]

読んでいて号泣した、究極の逸品!
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト



このページの先頭へ