スポーツのココロ

日本のスポーツ興行を頼まれても
いないのに勝手に検証。
全て独自の情報収集と
実際の観戦に基づく内容です。

サイト内の画像、文章の著作権をはじめと
する全ての権利は有限会社スズキデザイン
ワークス、およびスズキツヨシにあります。
反論歓迎!ナベツネは悪くない!悪いのは・・・
横浜スタジアム
横浜スタジアム

前提として申し上げると、僕はアンチ巨人だ。
小さい頃は巨人ファンで、毎日巨人の野球帽を被って公園で野球をやっていた。ドラフトの江川問題が起こったのが小学校5年生のとき。その頃から巨人の汚いやり方に嫌気がさし、小学生だというのにどこのファンにもなれず、野球は好きだが巨人が嫌いというひねくれた子どもになってしまったまま現在に至っている。

読売巨人軍会長の渡邉恒雄氏がまた毒を吐いた。民主党の事業仕分け人、蓮舫に対し「バカな女だ」と発言したのだ。あながち間違っていないしここの部分はポリティカルな話題なので、言いたいことは山ほどあるが触れる気はない。

しかしこの発言記事を会社の近所の蕎麦屋に置いてあったスポーツ新聞で読み、2004年のプロ野球再編問題を思い出した。

あのとき、オーナー側はマスコミの偏向報道により明らかにヒールだった。それでも僕はオーナー側を応援していた。アンチ巨人だが、マイノリティでひねくれ者だが、ナベツネ頑張れと応援した。

ナベツネは「オレの知らない人間を入れるわけにはいかないだろう」と当時のライブドア社長、ホリエモン(堀江貴文氏)を一蹴し、結果としてプロ野球を救った。
プロ野球選手会会長の古田敦也はオーナー側と話し合いの場を設けようとしたが、ナベツネはここでも「分をわきまえろ、たかが選手が」と言って一蹴。この発言に世論は一気に選手会側がヒーロー、悪はオーナー側という構図を作り出す。でもこの時も僕は「全くナベツネの言うことは正しい」と思っていた。今でもそう思う。

あの時ライブドアが参入していたら、結局は後々パ・リーグは一球団なくなっていたわけだ。さらに「たかが選手」発言はまさにその通りで、興業のことを何もわかっていない、ギャラばかり要求するような選手と話し合いを持つ必要なんてないだろうと思ったものだ。古田というのはあの頃は「ファンのことを第一に」なんていうきれいごとばかり言っていたが、ファンを無視していたのは古田の方だと思う。

かつてオールスター戦が3試合行われていた時代を知る方はご存知だと思うが、あのオールスター戦の試合数を減らしたのは古田だ。
選手会の要望で機構側が折れる形で試合数が減った。選手会側の言い分は「選手に負担がかかるから」。
こんなことを言う選手の「ファンのために」なんていう発言はちゃんちゃら可笑しい。

また選手としてピークの過ぎた古田があの年「自分の年俸を下げてもいい」とも発言したが、これもきれいごとと言うか、複数年契約のセーフティの中にいる選手ならではの発言で僕はドン引きだった。

かつて前楽天監督の野村克也氏が「古田は一生懸命頑張っているがその取り巻きが良くない」と発言したことがある。これは暗にプロ野球選手会事務局長の松原徹氏のことを指している。この人物に関しては、週刊誌を始めとした数々のメディアが女性問題などのネタを掲載しているのだが、選手会のトップは野球選手ではなくともせめて球団の仕事に携わった人間ではないと・・・と思う。とにかく「ファン重視」とは名ばかりで、法外な要求ばかり突きつけてくるのが松原と古田率いる選手会だ。

結果としてストライキを免れることができず、9月の終盤戦を2試合も休むという最悪の事態が起きた。プロ野球中継は以来、ゴールデンタイムの放送が激減し、延長中継もなくなってしまった。

僕はメディアが古田擁護だった理由は、その人気を利用して解説者としての起用をどの局も画策していたからに他ならないと思っている。そういう偏った報道が、ナベツネは悪という構図を作ったのだ。

巨人有利の制度(FAや逆指名ドラフト)をどんどんと作り上げてきたのもナベツネだ。ナベツネははっきり言えばメチャクチャなことをしてきた。しかしアンチ巨人だが、それも許す。

日本のプロ野球を守ってきたのはナベツネだ。あの2004年にナベツネがいなかったら、日本のプロ野球を仕切れた人間はいなかった。
ナベツネは日本のプロ野球を守ってきた人物であると同時に、単なる巨人ファンだ。それがちょっとだけ度を過ぎると、巨人有利の制度を作ってしまうというだけの話なのだ。
| スズキ ツヨシ | 野球 | 22:52 | comments(7) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2010 >>
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡

ちょっと期待はずれ。リアルタイムで見ていない人にとっては結構いいのではないかと思いますが。
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]

読んでいて号泣した、究極の逸品!
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト



このページの先頭へ