スポーツのココロ

日本のスポーツ興行を頼まれても
いないのに勝手に検証。
全て独自の情報収集と
実際の観戦に基づく内容です。

サイト内の画像、文章の著作権をはじめと
する全ての権利は有限会社スズキデザイン
ワークス、およびスズキツヨシにあります。
野茂英雄のすごいところ(その2)
野茂英雄のすごいところ、それはあんまりメジャーリーグに興味がないアメリカ人でも野茂を知っているというところだ。

1994年、大リーグはシーズン半ばで大きなストライキを敢行した。ストライキ続行のままプレーオフもワールドシリーズも行われずシーズンは終了。これによってメジャーリーグの人気は凋落することになるだろうと思われていた。

しかし同年、球団と喧嘩別れして日本球界を去った一人の若者は、翌95年ロスアンゼルスのマウンドに立つことになる。その独特なフォームから繰り出される直球とフォークボールというたった2種類の球種のみで、デビュー以来メジャーリーガーからバッタバッタと三振の山を築き上げた。これがザ・トルネード、野茂英雄だった。

新人ながらオールスター戦に選ばれた。衛星放送でその映像を見て本当に感動した。しかも先発投手となり、完璧にア・リーグの打者を抑え込む。ベンチに引き上げるときに僕と年の変わらない日本人が本物のメジャーリーガーたちとハイタッチしている映像を見て、思わず「凄い」と唸ってしまったのを覚えている。

昨年、「イチローを知ってるか?」とあるアメリカ人の知人に聞いたときに、「知ってる、ピッチャーだろ?わりといいよね」と言われたことがある。そんなレベルのその知人に「野茂は知ってるのか」と聞くと、野茂のことはノーヒットノーランを二度達成したことなど、かなり詳しく正確に知っていた。

野茂は「ノモマニア」と呼ばれるコアなメジャーリーグファンを生み出し、ストライキによる野球人気の凋落を救ったとされている。だからアメリカであまり野球が好きではない人でも、野茂の知名度は高い。

今号のスポルティーバのインタビューで野茂自身が語っている通り、本当に肘が完治してもう一度マウンドに立つのなら、僕は必ずそれを見に行くつもりだ。メジャーリーグを初めて見たときにドジャースタジアムで買った、僕の宝物であるドジャース野茂のTシャツはその時まで大切にしまっておくことにする。

野茂の話は尽きない。次回は野茂が大好きな東十条の場末のスナックのババアについて。

かつて野茂の写真を見ることができたこの場所で昨年は斉藤隆が堂々と写真になっていた
かつて野茂の写真を見ることができたこの場所で昨年は斉藤隆が堂々と写真になっていた

ドジャースタジアムの駐車場の向こう側に見える「THINK BLUE」のサイン
ドジャースタジアムの駐車場の向こう側に見える「THINK BLUE」のサイン。これを見るとなぜかホッとする
| スズキ ツヨシ | 野球 | 23:52 | comments(862) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2007 >>
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡

ちょっと期待はずれ。リアルタイムで見ていない人にとっては結構いいのではないかと思いますが。
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]

読んでいて号泣した、究極の逸品!
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト



このページの先頭へ