スポーツのココロ

日本のスポーツ興行を頼まれても
いないのに勝手に検証。
全て独自の情報収集と
実際の観戦に基づく内容です。

サイト内の画像、文章の著作権をはじめと
する全ての権利は有限会社スズキデザイン
ワークス、およびスズキツヨシにあります。
ブログを始めた理由・・・それはファミレスでの出来事から
本文に関係ないですが、どんぐりで自分の人形を作った
(↑本文に関係ないですが、どんぐりで自分の人形を作った)


この間、サイゼリアというファミレスに行った。「ドリアに半熟卵のトッピング」を頼んだつもりだったんだけど、なぜか「マルゲリータピザに半熟卵のトッピング」が僕の席に運ばれてきた。

「え?そんな料理あるの?」と思うでしょ?ないんだよな、メニューに。で、ウエイターに「これ間違ってますけど」というとすぐに取り替えると応じてくれた。ついでに「これってあり得ない組み合わせですよね?」と意地悪に聞いてみた。そのウエイターは恐縮しながら「大変申し訳ございません」と謝っていた。

でも僕はその時、ちょっと感動しちゃったのですね。
日本のチェーンストア系レストランって、例えば嫌いなものや食べられないものを抜いたり他のものに替えてっていうと「決まりだからできません」とかって平然と言いますね。たぶんそういう対応がマニュアルに書かれていないのか、もしくはそういう対応をしなさいとマニュアルに書かれているんでしょうね。

でもサイゼリアではマルゲリータに半熟卵をトッピングしたい客がいたらそれに応じてくれちゃうんですよねー。すごいです。しかも高級レストランでないどころかピザ380円、トッピング50円という激安価格のファミレスですよ!それにも況してウエイターの一生懸命な対応を見れば、怒りたいどころかむしろ好感が持てる。

僕は帰り際も謝るウエイターに「いえ、全然気にしてないんですよ」と笑顔で帰ることができた。嫌な気分になるどころかまたここに来たいと思っちゃいました。

こういう対応はアメリカでは当たり前なんだな。こういう対応をしないとチップをもらえないからテーブル係はかなり真剣に料理人にわがままな客の要望を伝える。客は満足してまた同じウエイターを指名してレストランに行くわけですねー。

前置きが長くなりましたが根底にある日米の興行における考え方の違いはこれに似ています。というわけで勝手に日本のスポーツ興行に意見することにしちゃったのです。

しかしね、マルゲリータピザに半熟卵がトッピングしてある写真を撮れなかったのはホントに残念・・・。
| スズキ ツヨシ | 考えたこと | 16:34 | comments(14) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2007 >>
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡

ちょっと期待はずれ。リアルタイムで見ていない人にとっては結構いいのではないかと思いますが。
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]

読んでいて号泣した、究極の逸品!
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト



このページの先頭へ