スポーツのココロ

日本のスポーツ興行を頼まれても
いないのに勝手に検証。
全て独自の情報収集と
実際の観戦に基づく内容です。

サイト内の画像、文章の著作権をはじめと
する全ての権利は有限会社スズキデザイン
ワークス、およびスズキツヨシにあります。
bjリーグ 3rd シーズン終了、そして感じたのは…
国歌斉唱はなんと東儀秀樹の雅楽
【国歌斉唱はなんと東儀秀樹の雅楽】

ニック・デービスとリン・ワシントンのジャンプボールでティップオフ
【ニック・デービスとリン・ワシントンのジャンプボールでティップオフ】


6ヶ月に及ぶ熱戦の数々は、大阪の3連覇という形で幕を閉じました。
ファイナルの入場者数も9201名、bjリーグ史上最高。
最終スコアが66-56という、稀に見るロースコア。互いのオフェンスを潰しあう戦術で、キープレーヤーの大阪のマット・ロティックと東京のデミオン・ベーカーの動きは完全に封じられる。1stピリオドの最初の4分で得点がフリースローの1点だけというすごい展開。正直、沢山の招待券が配られていて、初めてbjリーグを見る人が多いのにあの展開はその人たちにどう受け止められただろうかとちょっと心配になっていました。試合はセンターのディーン・ブラウンの2日連続のファウルアウトで東京は流れを失う。最後はファウルゲームでのフリースローをしっかりと物にした大阪が力の差を見せたといえる試合。

しかしながら今シーズンのbjリーグは盛り上がりましたね。
NBA同様、今シーズンから東西カンファレンス制を導入、新たに参入した琉球ゴールデンキングス、ライジング福岡を含めた計10チームが東西に分かれて対決。そして各カンファレンス2位と3位のチームがワイルドカード決定戦に臨み、このゴールデンウィークに開催されたプレーオフ出場権を争ったのでした。

結果から見れば、このシステムは興行的に大成功だったと思います。福岡のように勝率5割をキープできないチームがプレーオフ、というのが納得できない部分もありますが、今年のNBAだって西高東低で、5割を切るチームがいくつもプレーオフに出てしまってるしね。まあブースターにとっては勝率よりもプレーオフ出場権の方が大切だし・・・。

今年の初めにこのbjリーグ、東京アパッチのチーム関係者の方に僕の会社に来ていただくことがあって、その時に色々なお話しをさせていただきましたが「スポーツの興行というのは本当に難しい」と思いました。特にチームを持つというのは難しい。折しも一昨日、F1からスーパーアグリチームが撤退というニュースがありましたが、チームが興行収入で成り立たない限りは、スポンサーなしではやっていけないのですね。当り前の事ですがチーム関係者の切実な言葉を聞いて、本当に興行というのは難しいと思いました。特に今年は某チームのメインスポンサーが刑事事件を起こして撤退し、運営的に苦しんでいたようで、それはレギュラーシーズンの結果にも如実に表れていました。

ただ、このbjリーグは僕らの業界から見ると、広告的にはかなり魅力です。何より地域、年齢などのセグメントがはっきりしていることが一番大きい。広告する側からすれば割と無駄な金を使わなくて済むんですね。

さて、話が逸れましたがこの試合を見て、さらに改めて感じたのは、プロの世界は本当に厳しいということ。試合終了後に何人かの選手が涙を流していましたが、彼らの中には来年契約してもらえるかどうか解らない選手もいるんですよね。そういう部分を感じていて、このファイナルに臨んだ選手もいるはず。華やかな舞台ではあるけれど、僕の仕事もそうですが「好き」というだけではどうにもならない職業なんですよね。

だから僕らはハングリー精神のある、むしろ崖っぷちの選手を心情的にいつも応援してます。自分にオーバーラップさせながらですね。
「この悔しさをバネに来年こそ」
なんていう言葉はまるで他人事。本人たちにとっては来年またバスケができるかどうか、死活問題がすぐ先にあるんですよね。最後にファウルアウトしたデイーン・ブラウンに「いい仕事だったよ!君が来シーズンどこにいっても僕は応援し続けるよ」と言葉を投げかけると、ディーンは少し涙ぐんで、「Thank you!」と返しました。JBL2部の栃木をクビになったこの男は、シーズン途中で東京アパッチに入団。わずか3ヶ月の在籍期間の間にブースターのハートをしっかりと掴んだプレーヤー。しかしこの選手が来年どのチームでバスケットをするのか、それすらも今の段階では全くわからないのです。

大阪エベッサ、マイキー・マーシャルのティップイン
【大阪エベッサ、マイキー・マーシャルのティップイン】

大阪エベッサ優勝の瞬間
【大阪エベッサ優勝の瞬間】

試合終了後には泣き崩れる選手も…
【試合終了後には泣き崩れる選手も…】

| スズキ ツヨシ | バスケットボール | 16:00 | comments(178) | - |
新潟アルビレックスの選手が泥棒を捕まえた!
新潟アルビレックスの佐藤公威選手、小菅直人選手が車の窃盗犯を捕まえたそうです。取急ぎ第一報です。すごいですねー。ニュースソースは共同通信です。
| スズキ ツヨシ | バスケットボール | 16:40 | comments(4) | trackbacks(0) |
bjリーグ東京アパッチvs仙台89ers観戦記
東京アパッチVS仙台89ers
2月18日、初めて国内リーグを見てきました。見に行ったのは東京アパッチvs仙台89ers、会場は有明コロシアムでの一戦。この日は第一回東京マラソンが開催されていたため、会場のすぐ横をランナーたちが数百m先のゴールを目指し雨の中走っていた。

結論から申しますと、このbjリーグは大変楽しい。NBAをはじめとする海外のスポーツ興行をチーム(主催者)の方々がよく勉強されているな、と思いました。プレゼント企画の他、ガムQという女の子のダンスユニット(?)がパフォーマンスするなど、観客を飽きさせない演出が多い。さらにいえばMC UME氏による試合中のMCは、「初心者にわかりやすく」という配慮が随所に見え隠れし、ルールを知らなくてもゲームの状況が理解できる。その効果か実際に会場には女性(グループ)が多かったのも印象に残った。

僕のように広告宣伝に携わる人間は、このbjリーグに媒体としての魅力を感じる人は少なくないはず。まだまだメディアへの露出は少ないもののこれだけ客層がいい(ターゲットが絞れているという意味で)興行というのはなかなかありませんね。

試合は東京が敗れたが、大変満足。すいているから自由席2,000円(当日券だと2,500円)のチケットでも充分見やすい席に座れる。試合終了後は選手がサインや握手に応じてくれるのも、距離感を感じさせない演出として最高だと思う。ヘッドコーチがコービー・ブライアントの実父ジョー・ブライアントというのもすごい!僕の知り合いのアメリカ人(NBAオタク)に話したら「え?マジで?そんな人が日本にいるなんて知らなかった!(英語でのニュアンスがこんな感じだっただけ)」と驚いていた。ちなみに彼はbjリーグも知らなかった。

ただいろいろと気になる点があったのも事実。僕はバスケットに関しては全くのシロウトですけど敢えて意見します。
24秒ルール(24秒以内にシュートを打たなきゃダメですっていうルール)はNBAでも採用されていますが、NBAと比べてスピーディじゃないので24秒がとーっても短く感じる、どういうことかというと24秒では充分な攻撃体制に入れないことが多いのですね。オフィシャル側としてはスピーディに沢山の点が入った方が面白いからという配慮なのですけれども、結果として攻撃が雑になっている気がするんだよな。将来的に攻撃のスキルがもっと劇的に上がらない限りデフェンシブなチームが有利なルールになってしまう気がします(実際この一戦はデフェンス力の差が得点差になっていた)。当面30秒とかでもいいのではないかなとも。

2つめはブースター(Jリーグでいうサポーター)の応援の方法。選手の名前が入った横断幕とかはすごーく日本的で、あんまりクールじゃないという印象。ま、それはいいとしてブースターの方々に言いたいのは「東京アパッチ(ダダンダダンダン=手拍子)」みたいな応援はやめてみれば?僕のまわりには初心者的女の子グループとかカップルが多かったけどああいう応援はちょっと向いてないなと思いました。コアなファンがいるのはわかるし、応援するのは全然いいことなのですが、ああいう極めてアジア的な応援がこれからも続いてしまう方向性を関係者の方々はどう考えているのかな・・・?もうちょっとクールに見たいんですね。

3つめはグッズが高いこと。オーセンティックジャージは高くてもまあいいとして帽子の値段はNBAの2倍くらいしますぞ!TシャツもNBAより高いし。アパレル関連はコアなファンを掴むための必須アイテムだからね、もうちょっと安くしてくれるとなぁ。

最後に一番気になったことは、選手のレフェリーに対するクレームがものすごく多いこと。bjリーグの公式サイトで、審判に対する抗議で処分者が出ていたことを今日初めて知りましたが、この日はエースのハンフリー選手を始め抗議がとても多かった。ましてやこの日はキッズデー(小学生以下無料)だからね、外人選手であろうとエースであろうとやはり子どもたちの手本となるようなフェアプレーをするべきではないかなと思ったわけです。実際エキサイティングな声援を送っていた僕のまわりの観客も終盤は怒り過ぎる選手に怒っていたからね。

できたばかりのリーグだからジャッジのレベルの低さにも問題があったりするのだとは思うけど、観客は高いレベルのジャッジよりも高いレベルのプレーが見たいのです。

と最後は不満タラタラみたいになっちゃったけどそんなことはありません。
bjリーグは友だちに胸を張って推薦できるスポーツイベントです。3月上旬も有明で試合があるようなので2日間連続で行っちゃうかも。

MC UMEさんと記念撮影。コワモテですがいい人です。僕がビビり顔ですけど
MC UMEさんと記念撮影

これがガムQ。ホント疲れないのかよ、と思うくらい踊ってました
東京アパッチの応援団GUM-Q(ガムQ)

会場に入った瞬間、「日本的」という印象だった横断幕
会場には横断幕とブースターと呼ばれるサポーターが

試合終了後は選手たちがサインや握手に応じてくれるのは嬉しい
試合終了後は大サイン会に
| スズキ ツヨシ | バスケットボール | 20:28 | comments(7) | trackbacks(0) |
NBA観戦記/レイカーズチケット入手不能であっても
試合は凄いシーソーゲームで大興奮!

ちょっと前の話になるけど1ヶ月半ほど前にLAで、NBAの興行を見た。正直言うとレイカーズを見たかったのだがとにかくそのチケットは入手困難。さすがにチケットブローカーから買うとなると2倍3倍〜10倍は当たり前で、いつも貧乏旅行の僕にはちょっと無理。で、レイカーズはあきらめ、クリッパーズの試合を見に行くことにしました。

LAには野球チームあり、ホッケーチームあり、バスケに至っては2チームもあり、スポーツ好きにはたまらない街。余談ですがなぜかプロフットボールはナシ。学生フットボールが盛んな街なのにこれが不思議。マイナースポーツのサッカーは今までは地元の人も知らなかったロスアンゼルス・ギャラクシーがデイビッド・ベッカム様が入団することで一躍有名に。このネタについては日本で報道されていないネタがあるので後日アップ予定です。

さて、レイカーズのスーパースター、コービー・ブライアントが見れなくても結論から言うとNBAのプレーヤーは全員スーパースターで、凄いプレーが続出。特に今期起用方法で冷遇されていて一時はトレード要員にもなっていたマゲッティは、シロウトから見ても「何でこの選手をスタメンに入れないんだ」と思うくらい別格。途中出場のマゲッティの大活躍でチームは活気づき、息つく暇もないほどの緊張感ある試合で大満足でした。対戦相手はサクラメントキングスで、クリッパーズとはディビジョンの最下位争いをしているチーム。でもそんなことは関係ないというくらい観客は盛り上がるし、チアガールのショータイムや様々な演出は決して観客を飽きさせることはない。観客のノリの良さも会場のテンションの高さにつながるような気もしていて、これはもう日米の文化の違いと言っていいとは思うが、例えばちょっとしたプレゼントが試合の合間にもらえたり、飲食店のスタッフも必ず"Enjoy!"と声をかけて盛り上げてくれる。日本だと大抵不愛想な人ばかりなんだよね。

さて、今週末は日本のプロバスケットボールリーグ、bjリーグを観戦予定。東京アパッチのヘッドコーチは前述のコービー・ブライアントの実父、ジョー・ブライアントだ。
日米のバスケットボールがどうちがうのか、自分の眼で検証してきます。

-----------おまけ-----------
アメリカ人でもないのに国歌斉唱で泣きそうになった
試合だけではなく、国歌斉唱でいつも思うのは、LAみたいな多民族の街でなぜアメリカ国旗と国歌にここまで敬意を払うことができるのか。しかし現実に僕もアメリカ国歌を歌いながらいつも感動して泣いている。
NYに在住経験のある私の父や知り合いに訊ねると皆、国歌や国旗が統制手段なんだと言う。ま、この話はまた今度。

ステイプルズセンターはレイカーズ、クリッパーズ、そしてホッケーのLAキングスがフランチャイズにしていて、チームショップではこの3チーム全てのグッズを入手可能。短期旅行で行く方には便利。
ステイプルズセンターはレイカーズとクリッパーズのフランチャイズ
| スズキ ツヨシ | バスケットボール | 02:10 | comments(418) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡
2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡

ちょっと期待はずれ。リアルタイムで見ていない人にとっては結構いいのではないかと思いますが。
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]
Sportiva (スポルティーバ) 2007年 04月号 [雑誌]

読んでいて号泣した、究極の逸品!
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト



このページの先頭へ